SPECIAL CONTENTS スペシャルコンテンツ

グルメ杵屋の誇る「人づくり」Attraction of Groumet Kineya

「人づくり」。それは、グルメ杵屋が大切にしていることであり、
魅力の一つでもあります。ここでは1年間の新入社員研修を経て現場で
活躍する2名の若手社員のリポートをお届けします。

REPORT/01 尻懸 萌 杵屋 イトーヨーカドー東大阪店 店長 健康福祉学部 福祉栄養学科 2014年入社REPORT/01 尻懸 萌 杵屋 イトーヨーカドー東大阪店 店長 健康福祉学部 福祉栄養学科 2014年入社

01グルメ杵屋入社の決め手は?
大学の頃福祉栄養学科で「食」について勉強していたことと、食べることも好きだったので、「食」に携わる職に就きたいと思っていました。グルメ杵屋の会社説明会の際に自分の打ったうどんをお客様に食べて頂けることを知り、とても魅力的だと感じたので入社を決めました。実際店長として働くとまだまだ分からないことも多く、日々切磋琢磨しています。そんな時はお客様とお話をします。「うどんはやっぱり杵屋が美味しいね」「お出汁が最高やわ」等の声を頂けると、お客様に喜んで頂いているのだと自分のしている仕事にやりがいを感じます。
02現在の仕事は?
店長としての仕事内容は日々の営業で決められた予算を超えることも大事ですが、やはりお店で働くパートナー達が働きやすい環境作りをすることが大事だと思います。例えば、新しいユニホームを発注したり、備品を購入したり、急なシフトの調整をしたりです。そのためには、普段からコミュニケーションをよく取り、パートナーが店長に話しやすい、物事を頼みやすいようにすることが大切だと思います。なので、パートナーからお願い事をされると皆が働きやすいように頑張ろう!とやりがいを感じます。
031年間の新入社員研修から得たものは?
私は今までに接客業のアルバイトの経験がなく、接客について無知でした。1年間の研修は本社でマニュアル等の座学や接客のロールプレイング、店舗では本社で学んだことの実践と店舗で店長がどのように仕事をしているのかを学びました。本社研修で印象に残っていることは「毎日リーダーを挙手制で決めること」です。リーダーになった人はその日1日同期の意見をまとめたり、指示を出したり今の店長としての「見本になるよう率先して周りを引っ張っていくこと」の大切さ学び、今に活かせているのだと感じます。
04グルメ杵屋を志望する学生の皆さんへ
私は杵屋に入社するまで杵屋のうどんを食べたことがなかったですし、正直グルメ杵屋の存在を知りませんでした。しかし、入社してからは先輩が様々なことを教えてくださいました。1年間の長期に亘る研修でしっかりと成長できたと思います。だから何も分からなかった私でも店長になることができたのだと思います。社会人になって仕事をするのは不安だと思います。分からないことは分からないのですから、恥ずかしいことではありません。グルメ杵屋にはサポートしてくださる方がたくさんいらっしゃいます。きっとあなたのことも支えてくれるでしょう。

REPORT/02 今井 慎太郎 人材開発部 21世紀アジア学部 21世紀アジア学科 2015年入社REPORT/02 今井 慎太郎 人材開発部 21世紀アジア学部 21世紀アジア学科 2015年入社

01グルメ杵屋入社の決め手は?
グルメ杵屋に入社を決めた理由は、充実した新入社員教育にとても魅力を感じたことが一番の大きな入社理由です。入社して実感した働く場としてのグルメ杵屋の魅力は毎日に学びがあり、それをどう今後に活かしていくのか、常に一歩先のことを考えながら働けることが魅力です。また、業態が様々あり、選択肢の広さもグルメ杵屋の魅力です。
02現在の仕事は?
店長を目指し、実際の店舗での研修やグルメ杵屋本社で店長になるにあたっての必要な知識を学んでいます。日々自身の成長が実感でき、また「お客様にどうしたら楽しくお食事をして頂けるか?」を考えながら仕事をすることが現在のやりがいになっています。
031年間の新入社員研修から得たものは?
新入社員研修で得た学びや気づきは、お客様に喜んで頂けることを常に念頭において仕事をすることができ、「私が店長になったらこういう店舗づくりをしよう!」というアイデアやマネジメント手法に活かされています。
04グルメ杵屋を志望する学生の皆さんへ
仕事をするにあたって苦しい時や悩む時などはもちろんあります。しかし、それを自分で乗り越えた時に達成感や自分の成長を実感することができます。そこにやりがいも感じるので、グルメ杵屋に入って良かったと絶対に思えると思います。